悪徳業者が多いとされている外壁塗装の全貌

狭くても効率良く発電

ソーラーパネル

変換効率や設置費用

太陽光発電では、太陽光パネルを多く設置するほど、作り出される電気の量も多くなります。したがって屋根やベランダが狭く、あまり多くの太陽光パネルを設置できない住宅では、発電量が少なめとなります。ところがパナソニックの太陽光パネルを選択すれば、広い屋根に設置した場合に勝るとも劣らない量の電気を作ることが可能となります。なぜならパナソニックの太陽光パネルは、変換効率が平均を大きく上回る約20%となっているからです。そのため、設置面積が小さめという点に悩んでいる人の多くが、パナソニックを選んでいます。もちろん設置面積が大きい住宅の場合は、より多くの発電量が期待できるようになるのです。さらにパナソニックでは、様々な形状の太陽光パネルが作られています。一般的な長方形のものはもちろん、正方形や三角形のものもあり、屋根の形状に最も適したものを選択できるようになっているのです。そのため、屋根が複雑な形状をしていたとしても、スペースの無駄のない設置ができると言えます。かかる費用はやや高めで、戸建て住宅の屋根に設置した場合で、約200万円の支払いが必要となります。しかし変換効率が良い分、月々の電気料金が大幅に安くなったり、多めの売電利益が入ってきたりします。さらにシステムの保証期間も、他のメーカーよりも長めの15年となっています。つまりメンテナンス料金がかかりにくいということですから、その点からもパナソニックの太陽光パネルは、高く評価されているのです。