悪徳業者が多いとされている外壁塗装の全貌

優良業者を見分けるために

男性

料金と営業マンに注意

外壁塗装工事には悪徳業者が多いと言われています。それは素人では外壁工事の善し悪しが分からず手抜きをしてもすぐにはわからないこと、また工事に詳しくないため業者の言いなりになりやすいことなどが理由としてあげられます。外壁工事で大きな損をしないために、悪徳業者の見分け方を身につけることが大切です。一般的に外壁塗装を行っている業者には、大手ハウスメーカー、工務店、リフォーム業者、塗装業専門業者などがあります。この中で塗装業専門業者以外の業者では、実際の工事は下請け業者が行うため、料金の中に中間マージンが含まれています。下請け業者に支払われる金額が総額の3分の1という場合も少なくはなく、下請け業者が手抜き工事をする可能性も出てきてしまいます。他社よりも安い金額を提示して、下請け業者に杜撰な工事をさせる悪徳業者も多いため、業者選びは慎重に行う必要があります。外壁塗装の内容を客に説明するのは営業マンの仕事となりますが、営業マンの話も注意深く聞くようにしましょう。悪徳業者の営業マンはサービスや割引の話ばかりして、実際の工事の内容などにはあまり触れない場合が多々あります。営業マンには必ず、どんな会社で実際の工事にはどんな職人が来るのか、工事の具体的な内容、外壁塗装はどれくらいの期間もつのか、保証の有無と内容などを確認するようにしましょう。これらの項目をうやむやにするようであれば、それは悪徳業者である可能性が高いと言えます。

住まいを守るメンテナンス

塗装

屋根塗装は住まいのメンテナンスとして必要不可欠です。平均相場は約50万円から100万円程度と言われています。大阪府内で業者を比較する際は、同じ条件で見積書を提出してもらいましょう。条件が同じでない場合、提示される価格に違いが出てしまい比較が出来ません。

狭くても効率良く発電

ソーラーパネル

パナソニックの太陽光発電パネルは、変換効率が約20%と高いため注目されています。設置面積が小さくても、多く発電することが可能だからです。様々な形状のものがあるので、屋根に無駄なく設置できるというメリットもあります。約200万円の費用がかかりますが、保証期間が15年と長いので、むしろ経済的と言えます。

理想的な販売店

男の人

太陽光発電はどの販売店から購入するかが大切です。日本エコシステムでは、家庭環境をしっかり調査して、複数メーカーの機器から最も理想的な機器を選んでくれると評判です。また、日本エコシステムでは家庭用蓄電池の普及も推進しています。